プレーの公平さ

果たしてWEBカジノをプレイするのは違法なのかⅠ

オンラインカジノには、様々なメリットがあります。時間帯などが限定される事はありませんし、わざわざ遠い場所まで足を運ぶ必要も無いです。それとプレイ可能なゲームも非常に多彩です。
ですのでそれに魅力を感じる方々は多いですが、法的な問題が浮上する事もあるのです。なぜなら、合法か否かの問題があるからです。
結論を申し上げれば、現在の日本でカジノをプレイしたとしても、取り立てて何か問題が発生する確率は低いと考えて良いでしょう。それには、法的な色々な事柄を理解する必要があります。

まず大前提として、現在の日本では賭博は禁止されています。いわゆる賭博場などでお金をかけることは、法的なルール違反になってしまいます。
江戸時代などには、丁半博打などもありました。サイコロが出る目が偶数か奇数のどちらになるかを予想するゲームですが、それをプレイする為には、原則として賭博場などに行く必要があった訳です。
しかしある時からルール変更が生じて、現在では賭博場などもほぼ皆無になりました。ですので日本では、原則として賭け事は禁止になります。
ところが実際の状況を見てみると、オンラインカジノをプレイした事によって、逮捕者が出ている事例も殆どありません。基本的にそのオンラインでの賭けの場合、ややグレーな状態なのです。
もちろん現在の日本の法律などで、それが公に認められている訳でもありません。しかし明確に犯罪とも断言する事が難しい事も多く、取り立てて逮捕になる確率が極めて低いのが現状です。

ちなみに公的機関としても、その点に関する判断は今ひとつ曖昧です。本来はオンラインカジノも摘発対象になる筈ですが、いざ問い合わせをした時でも、明確な回答もありません。結局そのWEBによるカジノは、100%犯罪とは断言も難しい状況なのです。
ちなみにその法的な根拠としては、実際に施設に足を運ぶことを考えると分かりやすいです。そもそもラスベガスやマカオなどのカジノに足を運ぶ日本人の方々も、大勢いるでしょう。それで海外にてお金を賭けたからと言って、日本で逮捕されるような事はまずありません。
つまり、お金を賭ける場所に関する問題がある訳です。

公平なプレー

フェアゲーム 信用こそがオンラインカジノにとって最重要項目です。

オンラインカジノでは常にフェアである事により、プレーヤーからの信用を築き上げています。

1. フェアなデザイン

カジノソフトウェアは、非常に洗練されたランダムナンバージェネレーター(RNG)を使用しています。
これはカードを配ったり、ダイスを投げたりするゲームの部分で、完全にフェアでなければなりません。
RNGがフェアでランダムである事は、定期的にTechnical Systems Testing (TST)等の検査機関でテストされ証明されています。
TSTは、米国ミシガン州、マサチューセッツ州、コロンビア特別区、カナダのオンタリオ州の宝くじ機関を顧客に持つ、業界をリードする独立した監査組織です。
TSTはカジノソフトウェアが完全にフェアである事を、非常に厳しいテストを通して証明しています。
TSTの標章つきの証明書は、利用者にカジノでの全てのプレーとオペレーションが、ランダムでフェアである事を約束します。
最新のRNG証明の報告書は、各オンラインカジノのウェブサイトに掲載されています。

2. 保証された監査

フェアなカジノプレーの一環して、オンラインカジノゲームは外部の監査機関と、カジノゲームのオーソリティーによりテストされ、その結果が厳しく分析されています。
オンラインカジノのカジノソフトウェアの平均ペイアウト率は、各ウェブサイトにて公表されており、ランダムナンバージェネレーター(RNGと呼ばれるカジノのゲーム結果を決定するソフトウェアの中枢) はTST等の監査機関によって監査されています。
最新のペイアウト率は各カジノのウェブサイトをご覧下さい。

3. 認可済みで規制済み

オンラインカジノの母体となる会社は、法的に認可済みの組織ですので、オンラインカジノのゲーム環境は、プレーヤーにとって最も安全なものであるように運営されています。
カジノゲームラインセンスに関する詳細は、各オンラインカジノのウェブサイトをご覧下さい。
また、オンラインギャンブルに関する関連団体も見ることができます。