セキュリティの万全さ

果たしてWEBのカジノをプレイするのは違法なのかⅡ

日本国内にある闇の賭博場などでお金を賭けたとしたら、いわゆる摘発対象になるでしょう。しかし海外に渡った場合は「国外逃亡犯」という言葉があるように、そもそも日本の法律が適用される訳でもありません。国が違う訳ですから、ルールも届かないのです。
ただ、国際指名手配などされればその限りではないかもしれませんが、ただでさえ海外で国家がライセンスを発行しているような事に対して国際指名手配がかかるなんてことが起こり得るはずはないと言えます。
上述のオンライン媒体の場合は、現時点では日本のシステム会社などが開発している訳でもありません。あくまでも海外の会社が、それらのカジノなどを開発しています。
現在日本にてネットでプレイできるカジノのほとんどは、アメリカやイギリスなどで開発されたタイプです。日本が開発した訳でもないのですから、結局摘発対象にもなりません。
もちろん該当機関などが、誰かが日本国内でオンラインカジノをプレイしている姿を見た時には、何らかのお咎めが生じる可能性はあります。しかし現時点ではそれを難しい訳ですから、結局はなかなか逮捕事例なども生じないのですね。

イメージとしては、麻雀などを想像すると分かりやすいです。たまに賭け麻雀などを行っている方々が居るでしょう。実はお金を賭けて麻雀をするのは、もちろん法的には問題があるのです。
ところが該当機関の方々がお金を賭けた麻雀を全て把握しているかと言われれば、それを難しいでしょう。グレーというのは、そのような意味です。したがってプレイをしても、あまりそれをSNSなどに書き込まないのが無難と言えます。
ただしカジノ会社の合法性に関する問題は、やはりあります。そもそもアメリカにあるオンラインカジノの「全て」が、合法とは限らないでしょう。中には違法なシステムを利用している会社も、存在する可能性はあります。イギリスなども同様です。
このためWEB媒体のカジノをプレイするとなると、合法性を確認する事も大切です。カジノのサイトなどをよく確認して、本当にそこは問題無いかどうか裏を取るべきでしょう。万が一非合法なカジノでプレイをしてしまうと、やはり色々な問題が生じる可能性はあります。事前に様々な下調べを行うのは、やはり重要ですね。

それで現在の日本にてグレーになっているのは、あくまでも現時点での話です。今後の日本では、そのルールは変わる確率がかなり高いです。
というのも最近になって、日本ではカジノを合法化しようとの話が大きく浮上してきています。しかも合法になる確率が、かなり高いのですね。
もちろんその確率は100%ではありません。何らかの理由によって、合法化の話が否決されると、しばらくの間グレーゾーンになる可能性はあるでしょう。
逆に合法化されれば、もちろん日本にてカジノをプレイする事は、何も問題無くなります。ですので現在は微妙なオンラインカジノも、今後は特に問題無くなる可能性もあるのです。現時点では、どちらになるかは不明です。

万全のセキュリティ

カジノセキュリティ オンライン・サービス利用者にとって最大懸念がセキュリティです。
各オンラインカジノではこの事実を真摯に受け止め、セキュリティ専門チームを形成し、オンラインカジノを安全に利用できるよう、セキュリティ・システムを最良の状態に維持しています。
クレジットカードや他の支払方法を使ってカジノアカウントに入金することは、とても安全です。

なぜなら... オンラインカジノでは、単にクレジットカード番号を保護するだけでなく、セキュリティに対する多重防護策をとっています。
通信セキュリティ: 128ビットSSL暗号化プロトコルを使用しているので、オンラインカジノと利用者の間で通信されるデータは安全に保護されています。

ファイナンシャル・セキュリティ

お金の取引に関する情報(取引記録、アカウント残高)は、安全に保護されています。

データ・セキュリティ

個人情報、取引記録等の記録は、すべて安全に保管されています。

内部監査

カジノ職員がアクセスできる情報を必要最低限に制限し、さらに職員による情報不正利用がないか常に監視しています。



オンラインカジノでは、上記のセキュリティ・モデルのあらゆる面をカバーするため、厳格なセキュリティ方策と運営システムを使用しています。