相互リンク集

カジノと日本

人生において在り来たりな毎日から時には解放され適度な刺激を得られるギャンブルは必要ですが、日本において公的賭博として認められている競馬や競輪、競艇以外が導入されていない現状があります。
カジノという言葉から連想するイメージは煌びやかなネオン街でフォーマルな装いの紳士淑女が集う少し格式が高い印象を抱き、海外旅行に出かけた際などに一度は体感してみたい憧れの場所でもあります。
ルーレットを回してボールが盤面を転がる独特な響きやディーラーが切るカードの音などカジノならではの空間であり、華やかな雰囲気の中にもスリルや緊張を味わえる場所でもあります。
ただ全ての国においてカジノが認めらてはおらず、日本も刑法185条において賭博行為が禁止されているため残念ながら遊戯することができないのが現状です。ただ日本国内でなければ遊戯することは可能で、韓国でパチンコが全廃されて遊戯したい韓国の方がわざわざ日本まで足を運んで遊戯されるように魅力ある賭博となっています。
一時期カジノの日本誘致という話題が持ち上がりましたが、賛否両論からの議論が展開され正式に認められるまでには至りませんでした。
ここでカジノが導入された場合の経済効果についても考えてみますと、莫大なお金が一夜にして動くため経済効果は計り知れず観光誘致も計れるため11都道府県がカジノ誘致を積極的に取り組んでいます。地元の方や隣接する県の方、外国人観光客などの訪問で全くの無名だった自治体を全国のみならず世界へとアピールできるチャンスでもありカジノ誘致に息を弾ませています。

私も1度だけヨーロッパを旅行した際に初めてカジノという賭博を体験してみたことがありますが、まず驚いた事は敷地面積の広さです。スロットやカードゲームなどのブースがあちこちに並びレッドカーペットが敷き詰められた優雅な雰囲気でした。入店するとまずウェルカムドリンク的なビールを差し出され周りを見渡しながらスロットに着席しました。頭上に何か電光掲示板があったので見てみると現在のレート比率のようでドルやボンドなどの更新される情報を随時確認できる仕様になっていました。
店内にはフォーマルなスーツを着たスタッフらしき方が数人いましたが、当然現地の方ですので話が通じるわけもなくどうやってメダルを購入するのかや、大当たり確率なども全く理解できないまま手探り状態での遊戯を開始しました。日本でのスロットはプレイしたことがありましたので、とにかく同じ図柄を揃えれば良いだけは理解済みで自動車のギアくらい大きなレバーをひたすら叩いていました。
やはりビギナーズラックという言葉のおかげでしょうか、突如盤面がフラッシュしけたたましいBGMがなり始めたと思いきや訳の分からないまま下皿からコインが出てくるようになったのです。上部ランプが点灯していたのでおそらく何かしらの当たりに当選していたものと考え、恨めしそうにこちらを眺める遊戯客の視線を気にしつつもあっという間の2時間を終えました。日本円に換算すると所持金が12万から開始し清算したときには25万ほどになっていましたので、生まれて初めてのカジノでは大勝利を収める事ができ旅行のいい思い出として今でも記憶しております。

次にネットの普及により最近ではオンラインでもカジノが楽しめるサイトも登場し人気を博しています。賭博つまり自分のお金を賭ける事には無料やゲームのような漠然と大当たりを目指してプレイする事とは異なり、赤で止まれば100万円、黒で止まれば0円といった本当のスリルと興奮を味わえるところに魅力があります。
そんな興奮を味わいたい方にはまさにオンラインカジノがお勧めで実際のホールでプレイしているような感覚と何と言っても自分のお金だからこそのスリルと興奮を無料会員登録だけで行えるのです。当然賭博ですので負ける事もあれば大勝する事もありますので適度に楽しむ事が大事ですが、24時間好きな時間に好きな方式で遊べるオンラインカジノはこれまでの業界の常識を覆すほど画期的な取り組みだと考えます。現段階でオンラインカジノは所謂グレーゾーンでの扱いとなっているため、違法ではありませんが今後風営法で規制される事も予想されているためプレイするなら今しかありません。

まとめとしまして日本へのカジノ誘致に私は賛成でカジノを国有化できれば税収などの経済効果には大きな期待を込めることができます。また国有化することでオンラインカジノに対する規制も緩和され提供する側、プレイする側も法の下で安心して遊戯する事が可能となるからです。パチンコやスロットなどの娯楽大衆的な存在に至るまでにカジノは相当な時間を要しますが、賭博好きな日本人の理念とマッチしているため根強く展開していくことが望まれます。 私が海外のカジノで体験したあのスリルと興奮を日本でも一人でも多くの方に味わってもらえる日が来ることを切に願わんばかりです。

相互リンク

  準備中